今夜は、秋の味覚栗御飯を炊きました。


まず一品目は、ぶりの照り焼き

 <作り方>
 1.ぶり2切れは、焼く30分くらい前に塩をふり冷蔵庫に入れておく。
 2.ぶりを水洗いして水分を拭く。フライパンにサラダ油を少しひきぶりを焼く。
  両面軽く焦げ目が付いたら、みりん・酒・しょうゆ各大さじ2、砂糖大さじ1を加えて
  たれが少し煮詰まって、照りが出てきたら出来上がり。



20131009_170843_R.jpg
里芋の煮物

 <作り方>
 1.里芋は皮をむき、塩で揉み込んでぬめりを取る。
 2.水から茹でて、柔らかくなる前にざるにあけて流水でぬめりを取る。
 3.里芋に浸るくらいの水を加えて、しろだし・さとう・酒・みりんで薄味に整える。


薄味のままでも美味しいですが、自家製の大葉味噌(レシピはこちら)を乗せて食べると、美味しいです。


20131009_170920_R.jpg
ひじきの煮物は、人参・椎茸・ちくわ・大豆を入れました。少し大豆が多かったかな。


20131009_171313_R.jpg
本日の主役の栗御飯です。もち米も入れて作りました。
具沢山の豚汁
ぬかづけ、沢庵


20131009_171426_R.jpg
今夜は、ちょっと贅沢な秋メニューになりました。
関連記事
↓↓【オススメ】お料理上手になれる! 南部鉄器のフライパン24cm